飲酒と健康のバランスを

人気のお酒

 

こんにちは。

 

今回は私の酒サイトをご覧いただきありがとうございます。

 

酒飲み、酒癖、飲み屋など、酒にまつわる話を面白おかしく書きました。

 

5年前に。

 

今回サイトをリニューアルしたので、暇なときにどうぞ読んでいただきたい。

 

まずは酒のサイトということで、今人気で手ごろな価格の日本酒&焼酎を紹介しよう。

 

 

 

純米吟醸 CLASSIC 純米大吟醸 備前雄町100% 「京都の酒」稼ぎ頭

山廃仕込(やまはいじこみ)という日本酒の伝統的な製法で、通常の倍以上の時間をかけて醸しました。

幻の酒米といわれた「雄町米」特有のやわらかな吟醸香。なめらかな喉越し。絶品です。

果実のようなスッキリとした酸味と、米本来のなめらかな丸みが口中に広がる上品な味わい。

奥の松 大吟醸 奥の松 大吟醸雫酒 十八代伊兵衛 寫樂(写楽) 純米酒 

【全米日本酒鑑評会2017 金賞】芳醇で気品あふれる吟醸香と淡麗辛口の味わい。

奥の松酒造の「大吟醸雫酒十八代伊兵衛」は、全国新酒鑑評会にて毎年厳しい審査を乗り越え金賞を受賞しております。

以前、鮨屋で飲んで感激した酒。梨のような味が広がり喉越しすっきりです。

記念日新聞付き 名入れ酒 純米吟醸 一滴入魂 黒糖焼酎 黒悪魔

2016年グッドデザイン賞受賞。世界にたったひとつだけの名入れ酒です。

丹念に磨き、 寒中じっくりと天然伏流井水で仕込んだ、 ふくよかな香りの純米吟醸酒です。

奄美でしか製造できない極上の黒糖焼酎 。知る人ぞ知る特別な名酒

麦焼酎 夢見る力 焼酎 芋 さつま若潮 克 前村十家註

十年寝かせた長期熟成!夢見る力の最高傑作。 これまでかなりの焼酎通をも唸らせてきた、飲み応えのある逸品。

地元の黄金千貫を100%しようした芋焼酎です。 やわらかな口当たりでキレのいい味わいです。

巨匠 前村貞夫杜氏が、人生の最後に若手・中堅杜氏に贈ったバイブル的な芋焼酎。

 

 

 

ここからは私も大好きなワインやビール、洋酒です。

 

 

 

Shizen Cuvee Denis Dubourdieu 2013 ピノ・ノワール 2016 ヴァン・ド・ペイ・ドック リスト・デュペイロンヴィンテージ・アルマニャック【

ロバート・パーカーをはじめとする世界的なワインの権威から評価を受けた国産ワイン

円やかでフレッシュな味わいのチャーミングなピノ・ノワールです。

アルマニャックは、フランス南西部で造られる、ブランデーの一種。コニャックよりも150年ほど歴史が古い。

カタルジーナ コンテンプレーションズ 赤白2本セット フェウディ・ディ・グアニャーノ ロザロー ネグロアマーロ ブルゴーニュ ピノノワール V.V ロッシュ ド ベレーヌ

カタルジーナは2015年ブルガリアベストワイナリーに選出されました。また2016年ブルガリアベスト赤ワインにも選ばれています。

ロゼの繊細さと赤ワインの果実味の深さをあわせ持つワイン。樹齢25年?30年のコルドン仕立て。

チェリーやストロベリー、フランボワーズなどのフレッシュな赤い果実のチャーミングな香りが華やかに香ります。

ピノ・ノワール、シャルドネ、ピノ・ムニエ リヴザルト [1954] ドメーヌ・ソビランヌ ダブルアラック、サブローソオリジナルグラス

このワインの味わいは複雑性は感じさせますが、重厚というよりは純粋で上品。

ヴァン・ド・ナチュレといわれる製法で造られ、ブドウの天然の甘みを生かしたべたつかない甘さに仕上がっています。

スリランカの大手蒸留所であるDCSL社が手掛ける、ココナッツの樹液を蒸留して作るスピリッツ、アラック。

極麦プレミアム KIWAMUGI サントリー 金麦オフ サントリー 角ハイボール

第3のビール「極麦プレミアム」がその味とクオリティーを高く評価され、モンドセレクション金賞を7年連続受賞

カロリーオフ、糖質75%オフ、今かなり売れている注目されているオフオフの金麦

蒸し暑い夜は、氷を入れたグラスに、サントリー角ハイボールを注いで。程よいアルコール度数

ジャックダニエルブラック 名入れ ウイスキー 山崎 名入れ シャンパン ランソンブラック

テネシーウイスキー」としてバーボンとは別格にランクされる、アメリカを代表するプレミアムウイスキーです。

誕生日祝い 還暦祝い 退職祝い ギフト プレゼント 結婚祝い 出産祝い 内祝い 新築祝い 開店祝い 周年記念 に

>

誕生日 プレゼント 結婚祝い ギフト 還暦祝い 退職祝い 出産祝い 新築祝い 開店祝い に

 

 

まあ酒はホント数々の種類があるわけですが・・・・・。

 

人間酒の飲み方によって、人に好かれもし嫌われもします。

 

せっかく飲むのなら”楽しいお酒”これは社会人の常識です。